TEL

BLOGブログ

2020.11.16

撮影した写真をPhotoshopで水平に補正する方法

撮影した写真をPCで開いたら傾いていた!という時ありますよね。
そういう時にはフォトショップを使用して撮影した写真を補正する方法を紹介します。 

完成イメージ

完成イメージ

補正前の傾きを補正後の様にしていきたいと思います。

画像の傾きを簡単に補正

補正前の画像

Photoshopで画像を開きます。

左側にあるツールバーから《スポイトツール》ボタンを長押しします。

長押しするとメニューが表示されるので《ものさしツール》をクリックします。

ものさしツール

傾きに沿ってドラッグ

画像の傾きに沿ってドラッグします。
ドラッグする位置は画像内のどこでもOKです!
また「ドラッグする長さ」は短くても長くてもOKです。

傾き補正

レイヤーの角度補正

上部メニューバーの「イメージ」→「画像の回転」→「角度入力」をクリックします。

クリックすると先ほど《ものさしツール》で引いた線が水平になるように角度が入力されているので、「OK」をクリックします。

 

傾きが補正される

傾きが補正される

傾きが補正されました。
ただ写真を斜めに向けた分、角に隙間ができてしまいました。
この余白が見えないように切り取りましょう。

切り抜きツール

画像の角を内側にドラッグ

ツールバーから《切り抜きツール》を選びます。

4つの角から内側にドラッグしていきます。

補正後

補正完了

《切り抜きツール》を内側でドラッグした後、エンターキーを押したら、補正完了!

この様に《ものさしツール》をうまく使えば簡単に写真の傾きを補正することができます。

フォトショップで写真を加工する時には、はじめに斜めに傾いていないか確認し、傾きがもしあれば補正しちゃいましょう!

CONTACTWEBCLEADへのお問い合わせ